Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

耳鳴りの基本知識について

 

 

耳鳴とは実際にはしていない音が聞こえる状態と指します。ジー、キーン、シャーといったやや高めの音からボーと低めの音まで様々の症状があります。実際にはしていない意味のある音(話し声や鳥の鳴き声、音楽など)が聞こえるのは「幻聴」といい、耳鳴とは少し異なった病態となります。シアリス20mgは有効成分としてタダラフィルが20mg含有しています。

 

また耳鳴と思っても、実際に耳の中で音がしている場合があります。その場合は他覚的(客観的)耳鳴といい、オトスコープという道具で音を確認できる場合もあります。バイアグラとレビトラとシアリス3剤とも有名なED治療薬として知られています。

 

他覚的耳鳴の原因としては、顎関節や耳の周囲の筋肉の動く音、耳周囲の動静脈の音、自分の息の音などがあります。特に脈打つような耳鳴の場合は、動脈瘤などがみつかることもあるので、精査が必要です。他覚的には確認できない耳鳴を自覚的(主観的)耳鳴といい、耳鳴の大多数を占めます。耳鳴の大部分は難聴と関連して起きることが多いです。

 

最も頻度が高いのは加齢性難聴や騒音性難聴に伴う耳鳴です。セミの鳴いているような音、と表現する方が多いです。この耳鳴は特に60代、70代が発症しやすい、難聴は加齢とともに増えていくにも関わらず、80代、90代では逆に発症は減少するとは言われています。

 

以上にような耳鳴が常にしている人は60代の場合、10人に1人ぐらいですが、時々耳鳴がするという人まで含めると60代の10人に4人は耳鳴を経験しています。耳鳴が始終鳴り出すと止めることは非常に困難ですが、稀に止まる人もいます。バイアグラ、レビトラ、シアリスともに性的刺激による勃起を補助する効果である薬です。