Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

高齢の勃起障害者の投与原則として

 

勃起障害はedと俗称します。それは中年男性を悩ませるだけじゃなく、更に高齢者にとって、同様厳重な問題です。

調査によりますと、60歳以上の男性の中で、EDになる比例は17%を占めて、75歳以上の男性の中EDの比率は47%となります。

しかし、十分に注意するのが、高齢者のEDと中年のEDの投薬原則は異なっています。高齢者は本当に性ホルモンが下がってため、性機能は衰退になります。それで、edを引き起こします。これに対して、主な性的補助薬で調整します。例えば、バイアグラレビトラなどを服用することができます。

しかし、 EDを治療する薬物、例えば、シアリスはまったく全ての人が使用できるものではありません。もし心持臓(狭心症、胸痛くて、心機能衰弱など)、脳卒中、高血圧あるいは低血圧、腎疾病などの問題があれば、使用する前に医者に問い合わせる必要があります。

それから、“バイアグラ”類の薬物は必ずグリセリン硝酸、硝酸イソソルビドなどの硝酸エステル系の薬は同時に服用することができません。でなければ、おそらく心血管リスクを引き起こす可能性があります。