Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

もしも夏かぜに感染してしまったら

夏の感染症シーズンになります!我々は「感染症」といえば、常に冬の感じ気がしますかもしれませんが、実は、多くのイルスも高温多湿な場所が大好きだといわれて、

だから、夏にも色々な感染症が幼稚園で流行します。

では、われわれはどのようにお子さんの健康を守って、夏の感染症に予防の対策は?下記のポイントって、ぜひ生活で実行してみてください。

  1. 流水と石けんで手洗い・うがいします

もし夏かぜにかかると、ウイルスが排出されるのは鼻水には便からは4~5週間ほどの長い間にわたってといわれますが。だから、急性期が過ぎて治ったと思っても、気を抜かず鼻水をとったり、オムツ交換をした後は、必ずどこにも触らないで洗面所へいったほうがいいです。

2.タオルは共用しない

注意する必要があるのはタオルは湿れになると、ウイルスの温床になりやすい。早漏特に洗面所やトイレのタオルは他人と一緒につかわない場合、ペーパータオルを準備するのはもっともよいです!

3.エアコンや冷たい食べ物はだめ

気温が上がる夏、どうしてもクーラーをかけたりとき、またアイスや冷やしトマトなどを食べたりとき、ぜひこのように体を冷やす可能性がある食べ物を避けます。もし度を超えると免疫力が下がるよう恐れが入りますが、注意してくださいね。

4.湿気をとる

夏のウイルスたちは高温多湿な環境を好きのです。ダイエット夏の夜で寝ている間に汗をすった布はウイルスの温床になりえます。家族で同じおふとんを使っている場合は特に、意識して、ふとんをこまめに干して、乾燥させてください。