Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

断食について

断食」というと、どんなイメージをお持ちでしょうか?宗教行事や、ハンガーストライキ、飢饉など・・・・

 

断食は、普通、体が弱っていくだけのように思われ、それが「癒し」になるなんて、ご存知ない方も多いと思います。けれど、断食は、自然治癒力のみで、大方の病気を治してしまうという、スグレ物の健康法なのです!断食はどうして体に良いのか、どのようにして体が本来の姿を取り戻していくのか、断食の過程・方法などをご紹介していきます!


まずは断食の効果についてです。


1.内臓を休ませる
断食の効果はいくつかありますが、そのうちの1つには、「内臓を休ませる」
効果があります。

 


2.余分な脂肪を捨てる
現代は、栄養不足よりも、栄養過剰で体を傷つけている人の方がはるかに多い時代です。断食をすれば、当然、肥満の解消になります。

 


3.毒物・老廃物を排出する
断食をすると、体の中の悪い物を出す作業が行われます。悪い物とは、毒素、
老廃物、老朽細胞、病細胞などです。老廃物は、肉食の多い人ほど多くたまります。

 


4.体の抵抗力が増す
断食をして痩せると、体の抵抗力が落ちて、風邪やその他の病気にかかるのでは?と心配されるかもしれません。けれど実は、断食をすると、かえって体の抵抗力が増し、体内の病原菌までも殺してしまえるほどなのです。

 


次は断食の実際についてです。


断食は、症状・目的等に合わせて、だいたい10日~2週間ほど行います。
その理由は、
・胃や腸が弾力を回復するのに必要な期間
・体内の大掃除を終わらせるのに必要な期間
・白血球が増加する時期
・体重を減らすのに必要な期間などです。

 


これらの目的を達せられたら、あとはいくら日数を増やしても意味のないことです。余談ですが、人間は100日くらいは断食に耐えられるようです。1910年ごろ、アイルランドで11人がハンガーストライキを起こしましたが、74日目に1人が死亡し、88日目にもう1人が死亡、残る9人は94日目で中止し、やがて以前の健康を取り戻したそうです。シアリス 購入

 

 

つまり、断食という危機的状況に置かれると、体は本来の力を発揮してすばらしい生命力を見せてくれるようですね。一生に一度は、断食を経験してみたいものですね。レビトラ 時間